60歳からの投資、資産運用成功術

kabu06

最近では、若者や主婦など、いままでは、あまり縁のなかったような人でも、株取引を始める人も増えているようです。学生などは、還暦の私からするとまだまだ株取引には早いのではないか、と思ってしまうこともありましたが、実際に、若者でも株で成功している人も多いようです。

日本で、これほど一般的に株取引が行われるようになった理由としては、何といっても、インターネットの普及が挙げられるでしょう。インターネット上で株の売買もリアルタイムで見ることも可能になりましたし、売買も自分で行うことが手軽にできるようになりました。昔は、保有している株を売却したい時には、電話をかけたりと、手間がかかるものでしたが、今では、板情報を自分で確認しながら、気配値なども参考にして売り買いのタイミングを見極めることもできるので、若い人には、もしかするとゲーム感覚のようなところもあるのかもしれません。

しかし、金融市場と株式市場の落とし穴というものは、必ずあるものだという認識をしっかりと持っておくことが大切でしょう。ゲーム感覚で株取引を行っていると、もし、幸運にも利益が出る状況が続いていくと、次第に金銭感覚がマヒしてしまいかねません。

株取引というものは、実際に自分の手元にお金がある訳ではなく、パソコンの画面上で数字が変化していくので、実感がわきにくいということがあります。それが、危機感を減らしてしまっているとしたら、気を付けなくてはなりません。ですから、ある意味では、若いうちに、少額の取引を始めて、自分で株を運用することのむずかしさを身に着けていくのも良いことなのかもしれません。

たしかに、アメリカなどでは、小さい頃から株に親しんでいるようなケースも多いようです。自分で運用するということの意味を、良くも悪くも、正しく理解しておくことが重要なのでしょう。ですから、最近の日本での株取引ブームには、危機感を感じることもあります。

また、日本だけでなく、中国などでも、同じように一般人が株取引を始めるというケースが増えてきているようです。特に、中国の場合は、日本と比べても、個人の株主が占める割合が多いので、不安定な一面もあるようです。ですから、利益が出ていた株が、急に値を下げるというような事態も、頻繁に起こることです。

また、それが株式市場といってもいいでしょう。株価の急な上げ下げに、どう対処するか、もし、株取引を始めるならば、その点をはっきり決めておく必要があります。そうしないと、買った時の株価よりも、下げてしまったとき、どこまで持ち続ければ良いか迷っているうちに、多額の損失を出すことにもなりかねません。ですから、たとえば、ある程度、株価が下がった時点で、売りに出すような設定にあらかじめしておくなどという対策が重要です。保有している株が、買値より大幅に下落してしまったら、安い値段で買い増しして、保有株の平均取得株価を下げるという手段もありますが、株というものは、利益を確定するまでは、その金額が本当に自分のものになるのか、分からない面もあるものなので、安心ができません。

ですから、私のように、定年を迎えた方の正しい投資とは、まずは、自分が株式投資に使うことができる金額というものを、始めから、はっきりと設定しておくことだといえるでしょう。株で負けてしまったから、新たに資金を投入するなどというのであれば、自分の生活基盤にまで影響を与えてしまいます。ですから、どこで損切りするかを、前もって決めておくことや、仕手株などの値動きが激しい株ではなく、優良企業の株を長期保有しておくというのも安定につながるかもしれませんが、その場合でも日々のチェックは欠かさないようにしましょう。

連邦政府: インフレは、米国で負債問題を解決することができません。

kabu05

米国の問題は、同国に深刻な負債があるということです。
しかし、債務負担がインフレによって楽にできるというヒントはどんな将来の貸出においてでも急激な価格上昇につながります ― ジェームズ・ブラードの言葉 ― セントルイスの連邦準備制度理事会(連邦政府)の理事長はCNBCを言いました。

それが実は支払われるべき額の一部を取り出すことができて、インフレが「部分的な失敗」のためのオプションと時々思われると、ブラードは主張します。

「我々がインフレ中を部分的なデフォルトに向かおうとするならば、これは将来の絆に対するより高いプレミアムで反映されるでしょう。
彼らが連邦準備制度理事会が予測できなくなったと考えるならば、貸手は「彼が言った。」と保証したいのです

「最後に、経済的なサービスランチなし」と、ブラードは言いました。そして、経済学ミルトン・フリードマンでノーベル賞を引合いに出しました。
彼が9月上旬に中央銀行のそばで発表される3回目の大きく振った量的緩和を個人的に支持しないと、ブラードは公的に言いました。
9月6日の会議で、銀行は2015年中頃まで少なくとも重要な金利をレベル・ゼロ近くに保つと誓いました。

固定された収入を持っている債権者とすべてのために、インフレによって負債問題を解決するどんな試みでも高くつくと、ブラードは言いました。

「部分的な破産は、外国債権者と保証金の所有者に影響を及ぼします」と、彼は言いました。

機関が2兆3000億だけ貸借対照表を拡大したあと、連邦準備制度理事会の批判者がそれに警告して。証券の取得を通してのドルと抵当は結束して、それが担保付債券の400億ドルに1ヵ月を買うと発表しました、失業が落ちない間、ドルは敏感な圧力をかけられました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

The problem for the U.S. is that the country is seriously indebted. Hint, however, that debt burden can be relieved by inflation will lead to sharp price increases in any future lending, said James Bullard, president of the Federal Reserve (Fed) in St. Louis, told CNBC.

Bullard argues that inflation is sometimes considered as an option for “partial failure”, as it can remove part of the amount actually due.

“If we try to resort to a partial default through inflation, this would be reflected in higher premiums on future bonds. Lenders will want to insure, if they consider that the Fed has become unpredictable, “he said.

“Ultimately, the economy no free lunch,” said Bullard, quoting Nobel Prize in economics Milton Friedman.

This year, Bullard aloud not allowed in the open market Committee (FMOC) to the central bank, but in 2013 will receive one.

“Sometimes there is this really? The market for inflation-indexed U.S. government bonds (TIPS – Treasury Inflation-Protected Securities) seems to have absolute confidence in the Federal Reserve (Fed) that the bank will keep its promise to keep inflation at around 2 percent, “said the economist.

Bullard said publicly that he personally would not support the third round quantitative easing announced by the central bank in early September. At the meeting of 6th September bank pledged to keep key interest rates at levels near zero at least until mid-2015

Bullard said that any attempt to solve the debt problem by inflation is costly for creditors and all who have a fixed income.

“Partial bankruptcy will affect foreign creditors and the owners of deposits,” he said.

Critics of the Fed warned that after the institution expanded its balance sheet by 2.3 trillion. dollars through the acquisition of securities and mortgage bonds and announced that it would buy $ 40 billion in mortgage bonds a month, while unemployment has not declined, the dollar was subjected to a sensitive pressure.

米国株の低下は続きます。

kabu03

米国とユーロ圏で負債問題に対する懸念を結合した後に、セッションの初めの低下へと、米国株は、前に投資家心理に関してマクロ経済dataweighedと共に延びていると、CNBCはわかりました。

迷う1.4%~11 333.81ポイント・ダウ・ジョーンズ(そして、30株)、の中の赤い領域にあります。
ヒューレット・パッカード株(25.81ドルにつき3.15パーセントによるその価値とBank of Americaのそれらを減らします)の低下で最も大きなメリットは、3.35パーセントを5.19ドルまで落しました。

インデックス・スタンダードとPoor`sは1.6%~1 169.45ポイント退きます。そして、エネルギー・セクターで金融会社とそれらによって導かれます。
ナスダック総合は、2 475.94ポイントまで1.8%下げました。

銀行株は連邦準備制度理事会が発表した米国の後で沈みました、可能性がある市場混乱(ヨーロッパの債務危機を深めることを含む)に対して、ストレスは国でテストに6つの最大の信用機関を計画します。

その監査委員会のメンバーの死亡が自殺であると発表されたあと、ダイアモンドFoodsの株式は15.4%~29.57ドル落ちました。
軽食製造業者は内部の会計の調査の最中にいます、しかし、同社は死が調査とは無関係であると言います。

同社が第3四半期における利益の46%の増加を発表して、2012年の間「相当な成長」を予測した3.6パーセント~74.51ドル後に、ディアのシェアは上がりました

U. S.消費マインドは10月に11月に60.9ポイントから64.1ポイントまで上がりました、それはミシガン大学の研究から明白になりました。
ロイターによって調査を受ける経済学者は、読書を64.5に期待しました。

0.6%(アメリカ合衆国の商務省によって発表される)の減少の方向に9月の間の成長が修正される間、しかし、輸送装置を除く耐久消費材の注文は10月に0.7%の予想外の低下を登録しました。

利益さえ季節的に上がった失業の新しい要求は、3週連続の間393、400以下で持たれるもの以外の000、000を調節しました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

U.S. stocks continue to declines in the beginning of the session, after conjoining concerns about debt problems in the U.S. and euro zone, together with macroeconomic dataweighed on investor sentiment ahead, told CNBC.

Dow Jones lost 1.4% to 11 333.81 points, and 30 stocks, that are in it have are in red territory. The greatest merit of a decline in stock Hewlett-Packard, which reduce its value by 3.15 percent to 25.81 dollars, and those of Bank of America, fell 3.35 percent to 5.19 dollars.

Index Standard & Poor`s retreat by 1.6% to 1 169.45 points, led by financial companies and those in the energy sector. Nasdaq Composite fell 1.8% to 2 475.94 points.

Shares of banks sank after the U.S. Federal Reserve announced, stress plans to tests the 6 largest credit institutions in the country against possible market turmoil, including the deepening of European debt crisis.

Shares of Diamond Foods fell by 15.4% to 29.57 dollars after it was announced that the death of a member of its audit committee was a suicide. The snack maker is in the midst of an internal accounting probe, but the firm says the death is unrelated to the investigation.

Shares of Deere rose 3.6 percent to 74.51 dollars after the company announced an increase of 46% of profit in the third quarter and forecast a ” substantial growth” for 2012

U.S. consumer confidence rose in November to 64.1 points from 60.9 points in October, it became clear from a study of the University of Michigan. Economists surveyed by Reuters had expected a reading of 64.5.

Orders for durable goods excluding transportation equipment, however, registered an unexpected decline of 0.7% in October, while growth for September was revised in the direction of decrease of 0.6%, announced by the Ministry of Commerce of the United States.

New claims for unemployment benefits rose to even seasonally adjusted 393,000 but held below 400,000 for the third straight week.

ヨーロッパの株は弱いドイツの競売の後下落します

kabu02ヨーロッパの指数は水曜日に不安定なセッションの後減少した。そして、ドイツでの期待外れの競売と中国の弱い製造データを含む一連の否定的なニュースによって影響される、と、MarketWatchは書きます。

Stoxxヨーロッパ600は、1.33パーセントを220ポイントまで落しました。
火曜日に、インデックスは、U. Sで経済成長に関するデータを失望させた後に、0.7パーセントを失いました。

グローバル経済に対する懸念を深めることによる喪失、ユーロ圏の危機についての恐れと悲観的なニュースで、ウォール街は米国経済(失業手当の最初の要求の適度の増加を含む)のために始まりました。

損失は十分に容認されていないドイツ人の後で来ました。そこにおいて、ドイツ連邦銀行は60億を売る予定でした。
ドルに対してユーロ迷う位置の間、債権利回りは上がりました。

ドイツの競売は「本当に、大きな打撃と危機が完全に現在ヨーロッパの中心にあるショーです」と、投資家への手紙のステーン・ジェイコブセン(サクソ銀行のチーフ・エコノミスト)は言いました。

ドイツのDAX 30は、1.44パーセントを5458ポイントまで落しました。
コメルツ銀行社株は、1.4%以上下げました。

中国での工業生産に関する否定的なデータも、取引に否定的に影響を及ぼします。

32ヵ月とそれがグローバル経済の主なモーターの減速の恐れを呼びさました時から、11月の中国のHSBCの生産のための予備データは最低レベルであることがわかりました。

中国データがちょうどヨーロッパと米国で成長心配を増すと、エドモンドShing(バークレイズ・キャピタルの株式ストラテジスト)は言いました。

「そのようなものすべてと高水準から減少していない周辺的なヨーロッパの債権利回りがあれば、ヨーロッパの株式市場が米国感謝祭の休日前に漂っていることは、ほとんど意外でありません」と、彼は言いました。

英国のFTSE 100は、1.29パーセントを5140ポイントまで落しました。
BP社が3.3%以上を手放す間、リオTinto社は2.2%以上を失いました。

一方、ギリシャが同意された計画ゴールに対処する限り、同国が地域地帯を去ることを強制されるかもしれないと、ギリシアの中央銀行は警告しました。

ベルギー人が事業の彼らの一部の資金を出すのに苦労するのでDexiaが失敗する場合がある窮地に陥ったフランコ・ベルギーの銀行を救うとベルギーの新聞が取引を報告したあと、フランスとベルギーの絆の利回りも水曜日に上がりました。
取引の再交渉はそのフランスを意味することができました。そして、フランスが金融(オブザーバーは国のトリプルAの評価をほのめかすことができると言いました)のより大きな部分を積み込みました。

ソシエテ・ジェネラル社株が2.6%以上下げたので、フランスのCAC 40は1.68パーセントを2822ポイントまで落しました。

また、危機がユーロ圏で深まって、フランスの経済の遅れを引き起こすならば、フランスの第一級AAA評価が疑わしい場合があると、今日(フィッチ・レーティングス)は発表しました。
フィッチ、その赤字目標を達成してください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

European indexes fell after a volatile session on Wednesday, influenced by a series of negative news, including disappointing auction in Germany and weak manufacturing data in China, writes MarketWatch.

Stoxx Europe 600 fell 1.33 percent to 220 points. On Tuesday, the index lost 0.7 percent after disappointing data on economic growth in the U.S..

Wall Street opened with losses due to deepening concerns about the global economy, fears about the crisis in the euro zone and pessimistic news for the U.S. economy, including a modest increase in initial claims for unemployment benefits.

The losses came after a poorly received German, in which Bundesbank planned to sell 6 billion. Bond yields rose, while the euro lost positions against the dollar.

German auction “is really a major blow, and shows how the crisis is now fully into the core of Europe,“ said Steen Jakobsen, chief economist at Saxo Bank, in a note to investors.

German DAX 30 fell 1.44 percent to 5458 points. Shares of Commerzbank AG lost more than 1.4%.

Negative data on industrial production in China also negatively affect the trade.

Preliminary data for the production of HSBC in China in November proved to be the lowest level since 32 months and it awakened fears of a slowdown of the main motors of the global economy.

Edmund Shing, equity strategist with Barclays Capital, said the China data just add to growth worries in Europe and the U.S.

“Given all that and peripheral European bond yields that are not declining from high levels, it’s hardly surprising that European equity markets are drifting ahead of the U.S. Thanksgiving holiday,” he said.

Britain’s FTSE 100 fell 1.29 percent to 5140 points. Rio Tinto PLC lost more than 2.2%, while BP PLC parted with more than 3.3%.

Meanwhile, the Greek central bank warned that the country may be forced to leave the area zone unless Greece meet not agreed plan goals.

The yield on French and Belgian bonds also rose on Wednesday, after a Belgian newspaper reported the deal to rescue the troubled Franco-Belgian bank Dexia may fail because the Belgians will have trouble financing their part of the operation. Renegotiation of the deal could mean that France, France taking on a larger portion of the financing, which observers said could threaten the country’s triple-A rating.

The French CAC 40 fell 1.68 percent to 2822 points, as shares of Societe Generale SA lost more than 2.6%.

Also today, Fitch Ratings, announced that first class AAA rating of France may be questionable if the crisis deepened in the euro zone and cause delays in the French economy. Fitch, achieve its deficit targets.

S&Pエラーに対する制裁のために要請されるフランス

kabu04

信用調査機関スタンダード&プアーズ(それは国の評価が降ろされるというメッセージを広げます)による今月始め献身的なエラーがMarketWatchを書くので、フランス・フランソア男爵の蔵相は調査を要求します。

正当化されるS&Pから、事務員のエラー・メッセージのため、国の最高の視聴率の縮小を言った弁解によるエラーは、機関のクライアントのいくらかに送られました。

テクニカルエラーがメッセージが会社の加入者の何人かに自動的に出される原因になったと、S&Pは言いました。
S&Pは、エラーの原因を調査していると付け加えました。

「特に荒れ狂う状況では以外、あなたは常に謝罪することができます…このようなエラーは、ちょうどエラーより大きいです」と、バロワンはフランスの監査機関Autorite 12月マーチスFinanciersでスピーチにおいて言いました。

彼によると、そのようなエラーは「受け入れがたい損害」を与えます、そして、認められるもののための罰がなければなりません。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Finance Minister of France Francois Baron calls for investigation because committed  error earlier this month by the credit agency Standard & Poor’s, which spread the message that the country’s rating is lowered, writes MarketWatch.

From S&P justified error with the excuse that because of a clerical error message said reduction of the top rating of the country was sent to some of the agency’s clients.

S&P said a technical error had caused the message to be automatically issued to some of the firm’s subscribers. S&P added it was investigating the cause of the error.

“You can always apologize, but in the particularly turbulent circumstances…an error like this is greater than just an error,” Baroin said in a speech at the French regulator Autorite des Marches Financiers.

According to him, such errors cause “unacceptable damage” and there should be penalties for admitted.

Fitch downgraded Portugal’s to “junk”

機関フィッチは、ポルトガルの公的債務の信用格付けを降ろすことに決めました。
減少はレベルBB +である、そしてそれは、方法論によれば、機関は投資に推薦されないで、「ジャンク」として市場で測定されると、ロイターは書きます。

評価展望は、否定的なままです。

フィッチによると、ポルトガルの経済は来年3パーセント減少します、そして、財政赤字はおよそ4.5%であることになっています。

ポルトガルで宣言されるゼネストは、政府の厳粛計測に対して、強い支持DPAを受けました。

ポルトガルの今日は、政府の貯金に対してゼネストを開きました。
大きな障害が公共輸送機関の動きにおいてあります、そして、廃物のコレクションと郵便業務は実質的に止まりました。

ストライキは、今日の予定の140機の便のうちの121機をキャンセルするために交通とポルトガルの航空会社TAPに強い影響を及ぼすことになっています。

今年始め、欧州連合と政府債務を減らすための処置の3年のプログラムを採用した国際通貨基金(IMF)から、ポルトガルは緊急援助を受け取りました。

2012年に、ポルトガルはより高いVAT、所得税、法人税と不動産に対する税金を支払います、そして、社会福祉支払いを受領する権利は制限されます。

ポルトガルが道具に失敗するならば、適切な方法は国際援助の次の一部分を受けることができない危険に直面しています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Agency Fitch has decided to lower the credit rating of sovereign debt of Portugal. The decrease is a level BB +, which according to the methodology the agency is not recommended for investments and is determined by the markets as “junk”, writes Reuters.

Rating outlook remains negative.

According to Fitch, Portugal’s economy would decrease by 3 percent next year and the budget deficit is expected to be around 4.5 %.

The general strike declared in Portugal, against austerity measures of the government, received strong support DPA.

Today in Portugal held a general strike against the government’s savings. There are major disturbances in the movement of public transport and waste collection and postal services have virtually stopped.

Strike is expected to have a strong impact on traffic and the Portuguese airline TAP to cancel 121 of 140 flights scheduled for today.

Earlier this year, Portugal received a bailout from the European Union and International Monetary Fund (IMF) in return for which adopted three-year program of measures to reduce government debt.

In 2012 Portugal will pay higher VAT, income tax, corporation tax and tax on real estate and rights to receive social welfare payments will be limited.

If Portugal fails to implement appropriate measures, will be facing the risk of failing to receive the next tranche of international aid.

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 60歳の還暦を期に会社を早期退職し、老後を資産運用で過ごすことに決めた初老のデイトレードの記録です。FXには手を出しませんが、投資と資産の運用で現在連勝中!
  • ↑ PAGE TOP